投資

LINE証券のタイムセールキャンペーン!最大7%OFFで株が買える!?

 

2019年12月5日からLINE証券でタイムセールキャンペーンが始まりました。株のタイムセールはとても斬新ですね。

実際に売買したのでタイムセールキャンペーンで取引した損益を公開します!

LINE証券とは?

知らない人はいないのではないか?というぐらいお馴染みのコミュニケーションアプリを運営するLINEがサービスを提供しています。証券業界最大手の野村証券を運営する野村ホールディングスとLINEが共同で開発を行っています。

大手と共同で開発しているので安心して利用できますね。


LINE証券の特徴は?

少額でも投資ができる

LINE証券では1株から株を購入できるので3000円以下から手軽に購入することができます。通常株の売買は100株単位となっていますが1株から購入できることで少ない金額でも投資をすることができます。

取引手数料が無料

取引手数料は無料となっています。1回の約定ごとに取引手数料がかかるのではなく、売買基準価格にスプレッド(差額)をのせる方式となっています。

株式の出庫、証券口座からの出金手数料は有料

株式の移管(LINE証券から別の証券会社に株をの出庫)をする際は1銘柄あたり1100円の出庫手数料がかかります。出庫手数料は高いので出庫せずLINE証券口座で売り買いするか、ずっと保有しておくのがよいです。

証券口座からの出金は2種類の方法があります。LINEPayへの出金は出金手数料はかかりません。銀行口座への振込の場合は220円の手数料がかかります。

売買の価格は5秒間隔でかわる

LINE証券では通常の証券会社とはことなる特殊売買方法をとっています。取引画面に「板」はなく、5秒間隔で左上に表示される価格が変動します。この価格には取引コストが含まれた価格が表示されるため購入・売却の価格がすぐにわかるようになっています。

タイムセールキャンペーンとは?

12月中の毎週火曜日と木曜日、12月中に全7回の開催が予定されています。当日の15時頃に対象銘柄が発表され、17時~19時まで3%、5%、7%のいずれかの割引価格で買うことができます。

銘柄発表はこのような形で発表されました。


1度のタイムセールで購入できるのは1銘柄、10株までです。17時~19時までが買える時間となっていますが先着順なので先に売り切れてしまうこともあります。買いたい銘柄があれば事前に入金しておき開始後すぐに購入することをおすすめします。

本キャンペーンではLINE証券が取引コストを100%負担するためユーザは無料で取引ができます。そのため翌日の寄りの値次第にはなりますがほぼ割引分が利益になるとてもお得なキャンペーンとなっています。

割引率はタイムセールに参加した瞬間に自動的に決定します。3%、5%、7%の中からランダムで抽選され銘柄選択画面で割引率が判明します。

売買記録

1回目:12/5(木)

記念すべき初回の銘柄は以下5銘柄でした。

17時ちょうどにアクセスしました。サーバが混んでつながり悪くなるかな?と思いましたがそのようなことはなくすんなり購入できました。

そしてなんと初回から運よく7%OFF!!最初銘柄ごとに割引率が決まっているのかと勘違いしていたのであれ?となりましたが、すべて割引率が同じとわかったので対象銘柄の中で1番値段が高かった三井住友FGを購入しました。

もともと翌日すぐに売ると決めていたので、購入翌日9時の注文受付開始から数分後には売却しました。

損益:39980(売却)ー37089(購入)-586(税金)=+2305円

初回から2000円以上の利益がでました!17時に購入して翌日9時すぎに売っただけでこの利益なので大満足です。

2回目:12/10(火)

2回目の銘柄は以下5銘柄でした。

割引率は残念ながら1番低い3%でした。予定通り1番終値が高かった大和ハウス工業を購入することができました。今回も翌日9時過ぎにすぐに売却しています。

損益:34212(売却)ー33301(購入)-183(税金)=+728円

3%の割引率と低かったですがそれでも700円以上の利益になりました。

3回目:12/12(木)

3回目の銘柄は以下5銘柄でした。

今回の割引率は5%でした。今回も1番終値が高い豊田通商を購入することができましたが、17時過ぎにすぐに売り切れていました。初回・2回目と比べてだいぶ参加者が増えてきたなと感じました。

これからは欲しい銘柄は17時にすぐに購入しないとなくなってしまうと思います。翌日の日経は+500と爆上げした日でした。豊田通商はなんと特別買い気配、前日の終値より高値で始まるとてもよい条件でした。

損益:39830(売却)ー37145(購入)-544(税金)=+2141円

9時ちょうどにみることができず、少し売却が遅れてしまいました。タイミングが悪く、その日の安値にはなってしまいましたが十分な利益を得ることができました。

4回目:12/17(火)

4回目の銘柄は以下5銘柄でした。

今回は7%でした! 今回も狙っていた1番高値のテルモを購入することができました。17時ちょうどに購入画面にアクセスしましたがサイトがとても重く、購入するまで時間がかかりました。

だいぶ人が増えてきてだんだん購入するのが難しくなってきました。

損益:39060(売却)ー36484(購入)-521(税金)=+2055円

いつも通り9時過ぎに売却しています。12月は日経が高値で推移しているものあり翌日の始値が高く始まっていることが多いです。

5回目:12/19(木)

5回目の銘柄は以下5銘柄でした。


今回も割引率は7%でした!7%をひけることが多く運がよいです。ただ今回は狙っていた終値が高い住友金属鉱山、KDDIを買うことができませんでした。

17時ちょうどにアクセスしましたが参加者がとても増えているようですぐに売り切れてしまいました…。いつもは終値が1番高いものを買っていましたが売り切れのため、今回は終値が3番目に高かった本田技研を購入しています。

損益:31654(売却)ー29416(購入)-453(税金)=+1785円

もうすぐトータル利益が1万円を超えそうです。参加者が増えてきたので売り切れが早くなってきました残りの回は在庫がもう少し増えてくれると嬉しいですね。

6回目:12/24(火)

6回目の銘柄は以下5銘柄でした。

割引率は5%、一番高値のブリヂストンは買えずキヤノンを買いました。

ここに画像を貼り付けてください

損益:30734(売却)ー29184(購入)-313(税金)=+1237円

7回目:12/26(木)

7回目の銘柄は以下5銘柄でした。

残念ながら3%で、買えたのはSUBARUでした。開いた時点で三井住友は売り切れており勝負になりませんでした。

ここに画像を貼り付けてください

損益:27286(売却)ー26380(購入)-183(税金)=+723円

3%でも500円以上はあったので良かったです。

最終結果

全7回の割引率と損益結果です。

回数 割引率 損益
1回目 7% +2305円
2回目 3% +728円
3回目 5% +2141円
4回目 7% +2055円
5回目 7% +1785円
6回目 5% +1237円
7回目 3% +723円
合計 +10974円

こうしてみると割引率はほぼ満遍なく当たっていました。損益は+10000円を超えています。17時に買って次の日売るだけで+10000円なのでとても有難い結果です。

5回目以降は値段が高いものが買えずでした…。最初の参加者が少ないときに2000円以上の利益が出ていたのが大きかったですね。

まとめ

新しいサービスを開始した最初のキャンペーンでユーザに利益が出やすいとてもよいキャンペーンでした。参加当日の割引率次第にはなりますが、3%でも利益は出ていました。

最後のほうは参加者が増えたためサービスにつながりにくくなったりお目当ての株が買えなかったりもしましたが、簡単に利益を出せるおいしいキャンペーンだったのでまた開催してほしいですね!

出庫の手数料がかかるのでキャンペーンを活用した短期間での売買、または1株だけ株を購入したい場合に利用する予定です。今回得た利益はLINEPayにチャージして使いたいと思います。

Tポイントで1株から買えるネオモバ!月額216円で端株購入に最適!SBIネオモバイル証券で投資を始めよう 2019年4月10日から【SBIネオモバイル証券】のネオモバという新しいサービスが始まりました。 以下の方におすすめのサービスです...