ソーシャルレンディング

クラウドバンク口座開設から取引開始までの流れを説明

 

この記事ではクラウドバンクの口座開設から取引開始までの流れを説明します。

クラウドバンクの概要を知りたい方は以下記事を参考にしてください。

1万円から投資できる新しい資産運用ソーシャルレンディングのクラウドバンクに登録、特徴・投資対象・注意すべき点を説明 1万円から投資ができる資産運用があるとのことで新しくクラウドバンクに登録しました。 クラウドバンクの概要・特徴・投資対象・...

 

口座開設から取引開始までの流れ

おおまかな流れは以下の通りです。

  1. 口座開設申し込み
  2. 各種書類等提示
  3. 審査
  4. 口座開設
  5. 入金
  6. 取引開始

実際に各STEPの手順を説明していきます。

80歳以上の口座開設は不可となっています。未成年者は親権者が先立って口座開設を行えば開設可能です。

 

STEP1:口座開設申し込み

クラウドバンクにアクセスし「口座開設はこちら」をクリックします。

お取引開始までの手順が表示されたらページを下までスクロールし以下情報を入力します。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 秘密の質問
  • 上記の答え
  • メールマガジン登録の要否
  • 利用規約に同意

上記入力が完了したら「次へ」をクリックします。

口座の種類をお選び下さいが表示されたら「個人で登録する」をクリックします。

口座開設のお申込み(2/2)、基本情報の入力が表示されたら以下情報を入力します。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 国籍
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 金融資産
  • 取引の目的
  • 取引開始のきっかけ
  • 職業
  • 年収

日本円出金先口座情報の入力が表示されたら以下情報を入力します。※次のステップで送付する本人確認書類に記載されている名前を記載するようにしてください。

  • 指定預貯金口座
  • 銀行・その他金融機関名
  • 店名
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 口座名義人

その下にある米ドル出金先口座情報の入力は米ドルで出金を希望する方のみとなっているため米ドルでの出金を望まない方は入力不要となります。

投資経験の入力では以下情報を入力します。各項目にてなし、1年未満、3年未満、5年未満、5年以上の選択から自分の取引経験に応じて該当するものを選択します。

  • 株式
  • 債権
  • 投資信託
  • 主に信用リスクを取る商品
  • 商品先物
  • 為替証拠金取引

オンラインでの書類交付についてでは各書類の内容や質問を確認し承諾をします。書面のリンクをクリックしないと承諾のチェックができなくなっていますので書面のリンクは必ずクリックしてください。

  • 電磁的方法による交付に関する同意書
  • クラウドバンク匿名組合約款/匿名組合出資持分契約締結前交付書面
  • FATCAにいう米国人等に該当するかどうか
  • 反社会的勢力について
  • 外国PEPsに関する制約

「次へ」をクリックしSTEP2:各種書類等提示に進みます。

STEP2:各種書類等提示

本人確認書類のご提出が表示されたら「本人確認種類のご提出」をクリックします。

確認書類はアップロードで提出できます。メール添付や郵送で提出することも可能ですが、口座開設までに時間がかかります。ここではアップロードで提出する手順を明記します。

以下のうち1点を準備してください。

  • 運転免許証
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)

必要な書類が準備できたら「ファイルを選択」をクリックし書類を撮影してください。撮影が完了したら「本人確認書類アップロード」をクリックします。

本人確認書類を受理しました。と表示されたら本人確認書類の提出は完了です。

 

そのまま下にある「マイナンバーを登録する」をクリックします。

マイナンバー登録の確認ができ次第、口座開設審査がされるためマイナンバーはすぐ登録してください。

マイナンバーの登録・変更が表示されたらマイナンバーを入力します。

マイナンバーカード、通知カード、個人番号入りの住民票の写しのいずれかを準備します。必要な書類が準備できたら「ファイルを選択」をクリックし書類を撮影してください。撮影が完了したら「登録する」をクリックする。

マイナンバー登録受付のお知らせが表示されればマイナンバーの提出は完了です。

STEP3:審査に進みます。

STEP3:審査

STEP1、STEP2で提出した書類や申し込み内容に問題がなければマイナンバー提出の後2営業日以内に口座開設審査が完了し、口座開設審査完了の通知書が郵送されます。

実際に申し込んだときはマイナンバーを提出した翌日に口座開設審査完了の報告メールが届き、その2日後には口座開設審査完了の通知書が届きました。

マイナンバーを提出してから口座開設完了の通知書が届くまで3日ととてもスピーディーでした。おかげで事前に目星をつけていた投資案件に申し込むことができました。

口座開設完了の通知書を受け取ったらSTEP4:口座開設に進みます。

STEP4:口座開設

クラウドバンクにアクセスしログインを行います。

ログインIDはクラウドバンクから届いているメールにお客様のID:で明記されている8桁の数字です。

初めてログインする際に初めてログインされるお客様というポップアップが表示されるので通知書に明記されている8桁の着荷証明番号を入力し「スタート」をクリックします。

クラウドバンクのマイページが表示され、商品の購入が可能となります。

STEP5:入金に進みます。

STEP5:入金

資産状況、ポートフォリオの横にある”>”をクリックします。

入金、出金、両替が表示されるので「入金」をクリックします。

入金するのに必要な入金先金融機関、支店名、科目、口座番号、口座名義が表示されるので自分の口座から入金を行います。

通常、当日の9時から15時までに着金したものは3時間以内にマイページ上に反映されます。15時以降の入金は翌営業日10時頃の反映となります。

着金したかどうかは資産状況の未投資額を見ることで確認ができます。自分が入金した金額が反映されているか確認してください。

反映が確認できたらSTEP6:取引開始に進みます。

STEP6:取引開始

クラウドバンクマイページの「資産状況」または「ポートフォリオ」をクリックします。

下にスクロールすると募集中のファンド一覧が表示されます。目標利回り、運用期間などを確認し自分の希望するファンドを選択します。

貸し倒れが必ず発生しないということを保証するわけではありませんが担保有、保証有のファンドを選択するとより低リスクで投資がおこなえます。

選択したファンドの詳細画面で「この商品に投資する」をクリックします。

投資希望金額を投資可能額の範囲内で入力します。

交付されている書面を確認しチェックを入れ、「投資申請確認」をクリックします。

内容を確認し問題なければ「投資する」をクリックします。

「資産状況」をクリックし投資額の申請中に投資した金額が表示されたことを確認します。その後、運用開始日まで待って運用開始日以降に運用中に資金が移動していることを確認してください。

これでファンドへの投資は完了です。あとは分配金と償還を待つだけです。

分配または償還が行われると「分配・償還のお知らせ」がメールアドレスへ届きます。メールが届いたらマイページでチェックしましょう。

実際に私もファンドへ投資を行ったので分配金について毎月の報告で記録していきたいと思います。

 

1万円から投資できる新しい資産運用ソーシャルレンディングのクラウドバンクに登録、特徴・投資対象・注意すべき点を説明 1万円から投資ができる資産運用があるとのことで新しくクラウドバンクに登録しました。 クラウドバンクの概要・特徴・投資対象・...

 

以上、クラウドバンクの口座開設から取引開始までの流れでした。